脳を活性化する~DHAなど栄養素一覧&神経伝達物質の解説

脳は普段食べている食事(栄養素)で変わる!

人間とほかの動物との一番の違いは脳の違いといえます。


その理由は人間以外の多くの動物にとって脳は生命維持活動のための1システムにすぎないわけですが人間にとっての脳は生命維持活動だけでなく知的活動を行うものでもあるからです。


脳の重さは個人差はありますが1200~1600g、全体重の2%ほどといわれていますが、およそ2000ℓの血液が1日に脳に運ぶ酸素の量は60㎏、消費するエネルギーは全体の20%に及びます。


この大量のエネルギーを使って脳は記憶や思考、運動、感情を表現するなど生命を維持するためにありとあらゆる機能を司っているわけです。


その大量のエネルギーのもとになっているのはもちろん食事です。普段どんな食事を食べて、どんな栄養素を摂取しているかで脳の神経細胞や神経伝達物質に影響がでてくるため記憶力や集中力、単純な元気や活力も違ってきます。


社会問題にもなっている痴呆症やうつ病、キレやすい性格なども普段の食事バランスに原因があると考える研究者も多く、最近は脳のトラブルに対して栄養の面からアプローチしようという動きも活発になっています。


私たちが人間らしく生きるためには体の健康だけでなく脳の健康も意識することが大切です。脳の健康があってはじめて体の健康があり、そして「心」の健康があるからです。


当サイトでは脳の基本的な働きや構造、そしてそんな脳の健康と活動を支える頭の回転をよくしたり、記憶力の維持に役立つ成分や感情をコントロールする神経伝達物資などの重要な成分について詳しく解説していきます。

脳を活性化するための4つのポイントとは?

脳は約140億の神経細胞でできており、その1つ1つの神経細胞は四方八方にアンテナを伸ばしており、そのアンテナの先端(シナプス)を介して絶えず、神経伝達物質をやりとりしながら情報の発信と受信でネットワークを形成しています。


神経細胞同士をつなぐ接合部(シナプス)は、神経細胞に含まれるホスファチジルセリンやDHAによって神経細胞の柔軟性が増すと、神経細胞のアンテナが伸び、神経伝達物質を受け取りやすくなります。


その結果、より多くの神経物質が行き来できるようになるため脳の情報ネットワークが活性化し、記憶力がよくなるとか、頭の回転がよくなるといった効果が期待できるわけです。


そのため脳の老化を防ぎたい!もっと頭がよくなりたい!と思ったら


(1) 神経伝達物質の伝播をスムースに保つ
神経伝達物質の発信・受信に問題があると心や体の問題を引き起こしてしまいます。神経細胞の 膜が柔らかくすると、神経伝達物質の生産も増え、同時にそのやり取りも活性化します。


(2) 神経細胞の成長を促す
神経細胞のアンテナがぐんぐん成長すれば脳の情報伝達の活性化につながります。


(3) 活性酸素やサイトカイトなど神経細胞にダメージを与える成分を排除する
活性酸素は細胞を劣化させたり、変質させる老化の一番の原因です。サイトカイトは本来、病原菌 やウイルスから細胞を守ってくれるものですが、過剰に生産されると悪影響を及ぼすものです。


(4) 脳の血行を保つ
脳への栄養や酸素の供給は血液を通して行われているためこの流れが滞ると当然脳の働きが 鈍ってきますし、血管が詰まりでもすれば脳梗塞でお陀仏です。


という4つのポイントを意識しないといけないということです。そしてこの脳の活性化をサポートしてくれるのがいわゆる「脳機能改善食品」といわれるブレインフードだったり、運動だったりするわけなんです。

脳を活性化する代表的なブレインフード一覧

■ 神経伝達をスムーズにする
DHA、ホスファチジルセリン、レシチン


■ 神経細胞の成長を促す
DHA、ホスファチジルセリン、イチョウ葉エキス


■ 活性酸素、サイトカイトを除去
DHA、アスタキサンチン、ポリフェノール、イチョウ葉エキス、コエンザイムQ10


■ 脳内の血流を改善
DHA、ホスファチジルセリン、イチョウ葉エキス


キング・オブ・ブレインフードは見ての通り、DHAですね。


詳しい解説はDHAの特集ページに譲りますが脳を活性化させる4つの条件をすべて満たしているのがDHAなんですね。痴呆症などの脳の病気や脳の老化防止にはもちろん、受験生や資格勉強に勤しむ社会人の方達の脳力アップにはぜひとも積極的に摂取しておきたい成分です。


特にこのDHAは乳幼児期にたくさん摂取すると知能指数に影響するといわれてますよね。市販されている育児用のミルクにDHAが配合されているのをみれば、いかに脳の発達成長にDHAが重要かということがよくわかるとおもいます。

「脳を活性化する方法」について

脳を活性化するには「頭を使うこと」「運動すること」「ブレインフードを食べること」の3つが重要だといわれています。刺激し、活性化させ、ネットワークを連結させる栄養素が必要だということですね。個人的には最近はDHA・EPAサプリメントを比較するサイトを参考にDHAのサプリを飲んで脳を鍛えています。頭がよくなるだけではなく生活習慣病予防にもいいからです。